オールオン4で自然な噛み心地を取り戻せる

歯が全てなくなってしまった場合、総入れ歯を入れるしかないと思われている方は多いのではないでしょうか。
実は、歯が1本もない状態の顎でも受けられるインプラント治療法は存在します。
それがオールオン4です。

オールオン4とは、4本のインプラントで片顎の全ての歯を支える治療法です。
失った歯の数だけインプラントを埋め込む従来のインプラント治療に対し、オールオン4では歯茎を切開またはパンチで穴を開けた後、4本のインプラントをバランスよく埋め込むことで、10~12本の固定式の人工歯を支えることが可能となります。
このため、総入れ歯をお使いの方や、歯周病や虫歯などで全ての歯を保存することが難しい方に適しています。

なぜ4本という少ない本数で治療がすむのかというと、通常のインプラント治療の場合、顎の骨に対してインプラントを垂直に埋め込みます。
オールオン4では奥歯側のインプラントを斜めに埋め込むため、前歯側より長いインプラントを埋め込むことができ、その分安定性が良くなるからです。

入れ歯の場合、噛む力が装着前の半分程度にまで落ちてしまうので、硬い物を食べるのに苦労することがあります。
しかしオールオン4では、インプラントを顎の骨としっかり結合させた上に固定式の仮の歯を入れるため、すぐに噛むことができ、かつ違和感なく自然の歯のような噛み心地を再現することができます。
1日でも早く健康な歯の状態に戻して、食事を楽しみたい方にはもってこいの治療法です。

機能面だけではなく、自然な審美性もメリットのひとつです。
特に総入れ歯を装着していた方は治療後の見た目を気にされる方が多いそうです。
コンピューターでシミュレーションを行う男性 しかしオールオン4は、手術前にコンピューターのCTデータを用いて、インプラントのどのように埋め込むかをシュミレーションします。
これによって、手術後の見た目も事前に確認することができ、安心して治療を受けることができます。

また、オールオン4には手術時間が短く体への負担が軽いというメリットがあります。
従来のインプラント治療では、片顎で14本歯がない総入れ歯の方の場合、インプラントを10~14本も埋め込む手術が一般的でした。
本数が多い分手術時間が長くなってしまい、手術後に腫れてしまうことも多かったようです。
しかし、オールオン4は手術の範囲が小さく、骨の量が残っていることが多い前方の顎の骨にインプラントを埋め込むため、骨を増やす治療を行う必要がなくなります。
その分治療期間も短くなり、痛みや腫れなどの症状が出にくいため、身体的にも精神的にも負担も軽減されます。
また、従来のインプラントに比べて、費用もぐっと抑えることができます。

オールオン4で埋め込まれたインプラントは破損や抜け落ちなどがない限り、生涯にわたり長く使用することができます。
また、人工歯の部分は日頃のケアをきちんとしていれば治療から10年程は使用できるといわれています。
通常の歯磨きだけでなく、歯間ブラシなどで人工歯と歯茎のすき間を丁寧に磨き、歯垢や食べかすを取り除くことが大切です。

このように、オールオン4は、全ての歯を失ってしまった方が費用や体への負担を抑えながらインプラント治療を受けられる治療法です。
歯を失ってしまったり、骨が薄いなどの理由でインプラント治療を諦めてしまった方も、オールオン4で本来の噛み心地を取り戻し、もう一度食生活を楽しみませんか。