インビザラインという歯列矯正をご存知か?

歯列矯正のための治療には、従来の矯正器具を使用したものとはまったく異なった、インビザラインという方法もあります。
このインビザラインという矯正方法の大きな特徴は、矯正をしていることが外部から目立ちにくいことです。

他人から見て目立たないように、この矯正法ではワイヤーを用いた従来の矯正器具のかわりに、透明なマウスピースを使用して歯並びの矯正を行っています。
透明なので、歯の見た目もほとんど変えることなく、毎日の生活を送ることができます。

インビザラインの大きなメリットは、マウスピースを好きなときに取り外すことができることです。
そのために食事の時なども、気軽に取り外して食べることができます。
どうしてもマウスピースをはずして外出しなければいけない場合でも、外出時だけはずして帰宅してから、もう一度装着しなおせばよいだけなので、非常に便利です。

従来の簡単に取り外せない矯正器具では、毎日の歯磨きを行う際も不便であることから、歯の磨き方によっては虫歯が生じる可能性もあったのですが、インビザラインではそうした点も改良して作られています。
いつでも気軽に取り外しができるので、食後の歯磨きをする際にも、マウスピースを取り外した状態でしっかりと歯磨きをすることができます。
そのために治療中でも口の中を清潔な環境に保つことができるために、より効果的に虫歯予防ができます。

インビザラインは治療期間中に病院に通わなければいけない回数も、従来の治療法よりも減らせるケースがあります。
従来のワイヤーを用いた矯正器具では、頻繁に器具の位置を調整する必要があるために、その分病院に通院する回数も多かったのですが、インビザラインはこうした点も改良されています。
病院によって異なる場合もありますが、通常の場合は4週間から6週間に一度の診療を受けるだけで、歯の矯正を進めることができます。
そのために治療期間中の負担をより軽くすることができます。
仕事などでなかなか病院に通う時間がない人でも、気軽に矯正をすることができます。

また従来のワイヤーを用いた矯正器具では、器具の位置を定期的に調整する必要がありましたが、その際に患者が痛みを感じることが多くありました。
ですがインビザラインはマウスピースなので、簡単に取り外して調整することができるために、患者は痛みをより感じずに歯の治療が可能です。
また、インビザラインは患者の歯の状態を画像などでしっかりと確認しながら、治療を行うために、より安全に歯の矯正が可能です。